MENU
キングダム

キングダム白起(はくき)を史実と比較! 最後の死因や生き埋め事件についても調査

キングダム白起(はくき)を史実と比較! 最後の死因や生き埋め事件についても調査

キングダムで根強いファンが多い白起ですが、敵を生き埋めにしたり過激な描写も多くあります。

キングダム作中での白起と、史実との違いや死因についてなどが気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、キングダム白起の史実との違いや、生き埋め事件、白起の死因などについて解説していきたいと思います。

  • キングダム白起(はくき)を史実と比較!
  • キングダム白起(はくき)の生き埋め事件とは?
  • キングダム白起の死因は何?

白起の最期やその実績についても詳しく解説していきますので、ぜひ最後までご覧ください。

キングダム白起(はくき)を史実と比較!

白起は、史実に忠実に描かれている点が多いです

様々なキングダム作中のエピソードから見ても、おおむね史実と一致しているといえるでしょう。

では、そもそも史実の白起とはどのような人物なのでしょうか?

史実と異なる点もふくめて、主に以下の点について詳しく解説していきます。

  • 人物像について
  • 長平の戦いについて

長平の戦いについては作中でも今後、重要な出来事ですので押さえておきましょう!

人物像について

作中での白起のもっとも印象的な特徴は、残忍かつ冷酷であることです。

しかし、史実である司馬遷の「史記」では、どちらかといえば攻撃的な人物ではなく、知的で冷静な人物として記されています。

白起は「敵の能力を予測し作戦を変え、奇策をくりだした」とかかれており、頭脳を駆使して戦いの成果をあげていた人物であることだけがわかるからです。

一方で、武将としての信念に関しては、史実と作品で一致しています。

長平の戦いのあと、休戦を命じた王と宰相に不信感をもった白起は戦いにでず、何度も戦いに出るよう要請されても断り続けた結果、王から自害するように宣告を受けてしまいます。

そして最終的には自分が過去に死なせた敵兵たちのことを思い、自ら命を絶つことで潔い最期をむかえることになりました。

こうした知的で思慮深いところや冷静に判断するところは史実に近いと言えるかもしれませんね。

ただ、残忍さや冷酷さはキングダム作中で脚色された部分である可能性があります。

長平の戦いについて

史実と異なる白起の行動に関する内容として、長平の戦いがあげられます。

第8巻の「長平の戦い(ちょうへいのたたかい)」の回想シーンは、キングダムの作中で白起が始めて登場する場面です。

白起は秦軍の総大将として趙軍と戦っており、当時の白起は王騎将軍と同じく六大将軍のひとりでした。

白起はこの長平の戦いに勝利しますが、長期間戦ったために兵士の食料などの物資が少なくなっており、敵軍の捕虜40万人を生き埋めにして殺害しました。

しかし、史実では敵の捕虜は20万人とされており、現地から出土した人骨などの状況から、この20万人という記述も誇張されているといわれています。

残忍で冷酷な性格を強調するために、キングダム作中でもオリジナルの設定を加えているのかもしれません。

いずれにせよ、白起が優れた武将であり、功績もすばらしいものであったことは間違いないでしょう。

白起(はくき)は史実に実在した?

白起は公孫起とも記される、歴史上実在する人物です!

史実上の白起に関する詳しい記述と、キングダム作中での白起の実績にも共通点があります。

史実では長平の戦い以前から白起に関する経歴が記されていますが、キングダムの作中では長平の戦いに関する場面から登場します。

そこで今回は長平の戦いに関する内容から読み解いていきましょう。

史実では、当初は秦は長平の城に攻め込んでいましたが、趙の武将廉頗(れんぱ)が城に立てこもり、持久戦を行ったことで苦戦してしまいます。

そこで敵陣に対して噂を流し、趙括(ちょうかつ)という、より攻略しやすい武将に総大将が変わるように工作したことですんなり大勝利をあげることができ、20万人の敵兵を捕虜とします。

キングダムの作中でもこの大まかな流れは変わらず、敵の捕虜の数が40万人と倍増して描かれていること以外は、少年兵240人は殺害されずに解放されたことなどの細かい点も共通しています。

また、白起はその最後も史実と同様に王に命じられたことにより自害しています。

これらのことから、キングダムの白起は実在する人物であり、しっかりと史実をベースに描かれたキャラクターであるといえるでしょう。

キングダムに登場する人物で史実に実在しないキャラが知りたい方はこちら↓

キングダムで実在しないキャラは誰?飛信隊信や城は実在する?実話なのか元ネタの史実を調査!
キングダムの元ネタで実在しないキャラは誰?飛信隊信や城は実在する?史実を調査!キングダムの元ネタはいつなのかや、史実に実在した人物は誰なのかが気になる方も多いようです! そこで本記事は以下の様な事について詳し...

キングダムの白起(はくき)について

キングダムの白起はほとんど史実どおり描かれていて、その冷酷さが特に強調されている人物です。

キングダムと史実の年表が気になる方はこちら↓

キングダムと史実の年表を時系列で解説!今後の展開や史実で活躍した人物も調査
キングダムと史実の年表を時系列で解説!今後の展開や史実で活躍した人物も調査キングダムと史実の年表(時代)がどうだったのかや、今後の展開と活躍するキャラは誰なのか気になる方も多いようです。 そこで本記事は以...

ではキングダム作中の白起はどのような人物なのでしょうか?
以下の点について詳しく解説していきます。

  • 人物像・性格
  • 印象的な場面

人物像・性格

作中での白起は武将としては残忍で冷酷な人物として描かれています。

策を用いて相手を惑わせ、戦場を支配するような知性を持ち合わせつつも、合理的で冷酷な行動をとる描写がちりばめられています。

初登場シーンである長平の戦いで捕虜40万人を生き埋めにして処刑したというエピソードや、「やれ」というセリフとともに非常に冷酷な表情で描かれている点などがが有名ですね。

長平の戦いのシーン(27巻)などを電子書籍で3巻無料で読みたい方や、安く購入する方法を知りたい方は以下の記事で紹介しています!

【2022年最新】キングダムの電子書籍を無料で読む方法や安く買う方法
【2022年最新】キングダムの漫画を3巻無料で読む方法や安く買う方法アニメや映画を見ると原作が気になるけど、今更全巻読むとなるとお金がかかりますよね! これから紹介する2つのサイトを会員登録(無料)...

印象的な場面

40万人の敵兵を処刑した(生き埋めにした)シーンでの「やれ」というセリフとその表情が最も印象的です。

それに加えて、長平の戦いのおよそ20年後、信の前に現れた万極という武将の存在も印象的でした。

万極は長平の戦いで処刑された兵たちの生き残りであり、その軍の部下たちは全員その遺族でしたが、処刑された兵士たちの怨念を背負って戦場に出てきたかのような描写が、白起の残虐さを更に強く印象付けたように思います。

これらのことから、キングダムの白起については、史実に忠実に再現されているものの、キャラクターとして印象を強くするために、その冷酷で残虐な一面が協調されているといえるでしょう。

とはいえ、自害に至るまでの葛藤などからも、単純に冷酷なだけでなく人間味がある人物であることがわかるため、人気があるのも理解できますよね。

キングダム白起(はくき)の生き埋め事件とは?

長平の戦いにおいて、白起が捕虜となった敵兵40万人をほぼ全員生き埋めにして処刑したできごとのことです。

白起は冷酷な人間ではありますが、知性も兼ね備えた策略家でもあったことは先ほど解説しました。

ではなぜ白起はこのようなことを行ったのでしょうか?

それには以下のような2つの理由があったと考えられています。

  • 長引いた戦いと食料問題
  • 敵国である趙の国力を削ぐため

生き埋めにした理由は意外なことでした。

一つずつ詳しく解説していきますね!

長引いた戦いと食料問題

白起の初登場は第8巻の「長平の戦い(ちょうへいのたたかい)」であることは先ほど説明しましたが、その戦いで白起は見事に圧勝することになります。

しかし、それ以前から長い間趙軍が城にこもって守りを固めており、秦軍も長期間戦ったために兵士の食料などの物資が少なくなっていました。

捕虜となった敵兵は作中では40万人いたようですが、その40万人と見方をどちらも養っていくには物資が足りなかったかったことで白起はやむを得ず40万人ほぼ全員を生き埋めにして処刑する決断をしました。

敵国である趙の国力を削ぐため

とらえた敵兵を全て解放することで、また敵軍として兵力になることも懸念していたという見方もあります。

これだけを見ると非常に冷酷で恐ろしい人物に思えますが、どちらかといえば冷静で合理的な人物ととらえる方が正しでしょう。

なぜなら、白起は40万人を処刑したときに240名ほどの少年兵は処刑せずに解放しているからです。

ここは史実とも一致しているところではありますが、ただ残虐なだけの人物であれば少年兵でも関係なく処刑してしまえば良かっただけだと思います。

まとめると、白起が起こした生き埋め事件とは、長平の戦いで敵兵の捕虜40万人を、やむを得ず合理的な判断のもと生き埋めにして処刑した出来事ということになります。

キングダムの電子書籍を3巻無料で読みたい方や、安く購入する方法を知りたい方は以下の記事で紹介しています!

【2022年最新】キングダムの電子書籍を無料で読む方法や安く買う方法
【2022年最新】キングダムの漫画を3巻無料で読む方法や安く買う方法アニメや映画を見ると原作が気になるけど、今更全巻読むとなるとお金がかかりますよね! これから紹介する2つのサイトを会員登録(無料)...

キングダム白起の死因は何?

結論から言えば、白起の死因は王から命じられたことによる自害です!

戦場で成果を上げているにもかかわらず、白起はなぜ自害することになってしまったのでしょうか?

自害にかかわる重要な出来事は以下2点です。

  • 長平の戦い
  • 宰相、王都の不和

どのように白起の死にかかわっているのか、詳しく解説していきたいと思います。

長平の戦い

まず一つ理由に挙げられるのは長平の戦いで40万人を処刑したことです。

白起は自害する際の自問として、長平の戦いで40万人を生き埋めにしたことを回想し「天に対して、死に値するような罪を犯してしまった」と嘆いたと伝えられています。

功績も上げていて知的な武将ですから、単に自死を命じられても従うことは普通であれば考えづらいでしょう。

しかし、こうした後悔の念で、自分は死に値するような罪人なのだという気持ちから自害を実行したのではないでしょうか。

宰相、王との不和

長平の戦いのあとから、白起は王と宰相に対して不信感をもっており、反抗的な態度を見せていました。

この態度が王の信頼を損ない、自害の命令にいたったと考えられています。

長平の戦いのあと、本来であれば白起はさらに敵に進攻しようと考えていました。

食料などの節約や敵の兵力の削減として40万人を処刑したのは、単なる残虐な行いではなく、こういった行動につなげるためだったのです。

しかし、白起の活躍を妬んだ宰相は裏から手をまわし、王に趙との休戦の約束を結ばせます。

そのことによって、白起の行いは単なる虐殺として扱われるようになり、白起自身も犠牲にした兵のことを思い王や宰相へ不信感を持つようになります。

その後、白起は戦いに出ずに引きこもるようになります。

そして何度戦いに出るよう要請されても断り続けた結果、王から自害するように宣告を受けてしまいます。

これらのことから、白起は自分自身の信念をしっかり持っており、犠牲になった兵のことを思うあまり、最終的には命令に従い自ら命を絶つことで潔い最期をむかえることになりました。

残忍さだけでなく、人間味あふれる人物であることも分かりますし、根強いファンがいることも納得できますね。

まとめ

今回はキングダム白起について解説しました。

Qキングダム白起(はくき)を史実と比較!

白起に関しては、史実にしたがって描かれている点が多いようです。

Qキングダム白起(はくき)の生き埋め事件とは?

長平の戦いで、敵軍の捕虜40万人を生き埋めにして処刑したできごとのことです。

Qキングダム白起の死因は何?

王から自害を命じられ、白起自身も捕虜生き埋め事件などを悔いていたことから、命令通り自害したようです。

いかがでしたでしょうか?

白起は作中では、かなり冷徹な人物であるように描かれていますが、色々な視点から紐解いていくと人間味あふれる人物像や単に残酷なだけの武将ではないことがわかりますね。

これから作中での登場シーンはそれほどないとは思いますが、機会があれば是非もう一度読み返してみると、きっと前とは違った印象を持てるのではないでしょうか。

また、白起と共に六大将軍だった武将についても詳しく解説していますので気になる方はこちらの記事も読んでみて下さい!

キングダム新・旧六大将軍を一覧まとめ!強さランキングも独自視点で考察!
キングダム新・旧六大将軍を一覧まとめ!強さランキングも独自視点で考察!キングダムの新・旧六大将軍は誰で、六大将軍制度を新しく復活させた理由はなぜなのかが気になる方も多いようです。 新六大将軍の最後の6...
キングダム王騎将軍の最後を解説!死亡シーンは何巻・何話?
キングダム王騎(おうき)が死亡したのは何巻の何話?最後のシーン解説キングダムの人気キャラクターである王騎将軍ですが、すでに本編では死亡してしまいました。 しかし、いまだに根強い人気があるため、王騎...
キングダム摎(きょう)を史実と比較! 王騎(おうき)との関係や最後のシーンも解説キングダムの人気キャラクター摎ですが、作中では初登場の時点で死亡していたため、回想での登場でした。 また作中の摎は、同じく人気キャ...
キングダム王齕(おうこつ)は弱いのか調査! 王騎との関係性についても解説
キングダム王齕(おうこつ)は弱いのか調査! 王騎との関係性についても解説キングダムの中で六大将軍である王齕ですが、作中では登場シーンが少なく、汗明(かんめい)に敗れたという話から実は弱いという噂や、王騎将軍と...
キングダム胡傷(こしょう)を史実と比較! 死亡理由や昌平君との関係も調査キングダム作中に登場する胡傷ですが、既に死亡しており回想シーンからの登場だったことから、史実やどういう人物なのかなどが、気になる方も多い...
キングダム司馬錯(しばさく)を史実と比較! 司馬尚(しばしょう)との関係性も調査
キングダム司馬錯(しばさく)を史実と比較! 司馬尚(しばしょう)との関係性も調査史実をもとに描かれたキングダム作中において、謎に包まれた六大将軍の司馬錯ですが、 キングダムのもとになった史記をまとめた司馬遷(せ...

最後までお読みいただき、ありがとうございました。